ライブ」タグアーカイブ

現在のPMP(R)試験終了まで30日を切りました!

野村です。現在のPMP(R)試験は、2020年12月31日で終了となります。もう、残り日数は30日を切っていますね。まだ取得されていない方は焦っているかと思いますが、なんとか頑張りましょう。

一つネックなのは、東京会場の空きがないこと、です。しかし、ちょっと脚を伸ばせば、まだ、空いています。是非諦めず、全国の会場を探して受験日を決めましょう。確かに、移動はリスクを伴いますが、防護をしっかりしておけば、東京で受験するより、東京以外のほうが安全かもしれません(今、これを書いている場所も、自宅から400km離れた場所で書いていたりします。安全のために、クルマで移動しています。都心の駅を通過するよりリスクは低減できている気がします)。

もう一つの手段は、遠隔受験です。多少条件が厳しいのですが、手段としては、ありだと思います。日本では遠隔受験している人が少ないのですが、世界では5万人が遠隔で受験しているようです。

さて、それでも色々あって・・・という方からは、「来年の予定はどうなっている?」という質問を頂きます。年内のライブ中継のコースは終了しましたが、既に35時間を獲得された方のためのオンデマンドのコースは提供しています(そのコースだけで合格された方も既にいらっしゃいます)。

来年のライブ中継のコース日程については、もう少々お待ちください。単に日程の問題ではなく、PMIと弊社の間の手続の問題もあります。また、年が明けないと、実際の試験がどれだけ変わるのか?が、まだ、解りません。そのあたりをふまえて、新コース開発も行ったところで、ということになりそうです。早くて、来年の1月下旬くらいからの開催となりそうです。

それにしても11月は、合格者多数で、ちょっと嬉しかったですねー!また、私自身も、オンデマンドコースの新設で、コンテンツ開発に燃えました。その結果、PMP(R)試験をパターンで解く方法も、大分わかってきました。あ、でも、残念ながら、パターンだけで解くということではありません。ちゃんと実務を通した経験と知識があって、ガイドを精読した上で、テクニックが使えます。既に35時間を獲得されて、受験されて、Situation問題の対策に苦しんでいる方、ご相談ください。メールでの質問は、いくらでも無料でお答えしています!

PMP(R)試験についてのお問い合わせは下記フォームからお願いします。

それでは、残り僅かな期間、頑張りましょう!!


「PMP(R)試験で、正解を探す技術」

ここ1年くらいの間、現在のPMP(R)試験で主流な出題方法、シチュエーショナル問題(プロジェクトマネジャーであるあなたは次に何を行うべきか?というような問題)で、いかに正解にたどり着くか、という方法を模索してきました。最近、かなり良いシチュエーショナル問題の問題集に遭遇して、それを解説しているうちに、迷いにくい解き方の方法論、戦略が、確率されました!

問題文の読み方、選択肢の読み方を、語学の構文解釈のように読み、思い込みや拘り、妄想から脱却しつつ絞り込んでいき、正解にたどり着きます。プロセスで処理するような方法です。

これまで、PMP(R)試験対策講座や、勉強会で、初見で、ライブで問題を解く、という苦行を続けてきましたが、それが体系化された、という感じです。私の正解に至る方法を、コピーできるようにしました!

本日、既存受講生向けに、1時間の予定でプレゼンテーションを行いましたが、問題を解いているうちに、大幅に予定をオーバーしてしまいました。明日も簡単に実施したいと思います。弊社受講生の方で、希望される方、野村までご連絡ください。

元々、完成編で扱っていた解き方のところを、さらに強化した内容となっています。
実は、かなりの問題が、パターン的に解ける気がします(しかし、当然ですが、ガイドのプロセス、ITTOの内容を、完全に理解していなければなりません)。パターンにより、迷いが減らせるようになりました。テクニックだけで合格は、まず無理です。経験を伴った知識は必須です。

実際、これが効果があるかはわかりませんが、少なくとも練習問題での正答率は、私の場合、100%に近づいています。

おそらく、来年からの新試験でも有効だと思います。いきなりシチュエーショナル問題が減ったら・・・どうなるかわかりませんが。

これまでの受講生の方で、興味のある方、ご連絡ください。動画にしておきます。

野村への連絡は下記フォームからお気軽に!