実践アーンドバリューマネジメント(実践EVM)

工事進行基準によって、
アーンドバリューマネジメントが注目を集めています。
アーンドバリューの本質は、「出来高で考える」ことにあります。
是非、一度、実際のアーンドバリューマネジメントを体感してください。

所要時間 受講料(税込)※ 会場 講師 形式 受講証明
2日間 42,000円 システムマネジメントアンドコントロールセミナールーム(東京都新宿区早稲田) 野村隆昌,PMP® 講義+演習

14Hours/PDUs

★CCRサイクルの維持及びPMP®受験に利用できます

グループ割引があります。
*社内研修として、オンサイトでの実施も可能です。

EVM

目的

 実際にアーンドバリューマネジメントを行う体験型演習によって、アーンドバリューマネジメントを現場で実践する能力を獲得することができます。

概要

 EVMはプロジェクトマネジメントにとって時間を金額で把握するための圧倒的に優れたツールであり、是非、導入したいものです。このセミナーではEVMを実務で扱える事を目指します。
 教育用レゴ マインドストーム NXT(9797, 9648)で実際に動くロボットを自分の手で組み立てながら、アーンドバリューマネジメントを理解します。

★講師からひとこと

 EVMは近年急速に注目を集めています。しかし、基本コンセプト自体は、かなり昔からある概念なのです(現在のEVMSそのものは、1960年台以降に確立されてきました)。
 EVMは、リーダーにとってはパフォーマンスの把握、マネジャーにとっては報告、メンバーにとっては実績把握のために、非常にパワフルなツールです。トップダウンとボトムアップの両面から、プロジェクトを可視化していきます。EVによる効果は、

・可視化
・誰でも誤解無く状況を認識できる
・技術力の可視化
・個人の能力の向上

など、様々な波及がみられます。
 既にPMP®の皆さんは、EVという言葉を聞いて「数式を覚えたなあ」と思うかもしれません。EVMの本質は、数式ではなく「可視化」にあります。
 しかし、EVMの導入は容易ではありません。単一のプロジェクト体験だけでは、EVMの導入は完了しません。複数のプロジェクトを経て、EVMは導入されます。また、プロジェクト側だけでなく、長期的な母体組織のマネジメントとしての取り組みも必ず必要となります。母体組織のPMOの役割についても、考えなければならないのです。さらには、業界全体の取り組みも必要になります。
 また、IT業界における工事進行基準対応にも、EVMの本質を正しく理解することが重要です。但し、このセミナーは、特定業界に依存しないように設計されています。様々な業界の方の参加を喜んで受け入れたいと想います。皆様の参加をお待ちしています。

定員

15名(最少催行人数5名)
注1)1チーム5名で設計しています。
注2)企業内研修の場合、25名までの実施が可能です。

対象者

 プロジェクトマネジャー、リーダー、PMO担当者。
 PMP®の方でPDUsが必要な方。
 PMP®受験資格の学習時間証明書が必要な方。受験時までに、受験に必要な実務経験等の条件を満たせる方(詳しくは、米国PMIのWEBを確認いただくか、弊社にご質問下さい)。

前提条件

 PMP®若しくは同等の知識を有する方。

講師

野村隆昌,PMP®

カリキュラム

一日目(演習+講義)
・EVM(Earned Value Management)概論
 ・EVMとは
 ・基礎知識としてのEVM
・演習1(疑問・課題を洗い出すための演習)
 パフォーマンス測定方法を選択する、パフォーマンス測定を行う、教訓作成
・EVMの原則
・プロジェクトスコープ設定
・EVMのためのプロジェクト計画とスケジュール設定
・資源見積、予算策定
・ベースライン設定
・パフォーマンスモニタリング

二日目(演習中心)
・演習2(全体を実践するための演習)
 パフォーマンス測定方法を改めて選択する、ベースライン設定、パフォーマンス測定を行う、教訓作成
★カリキュラムは変更になる場合が御座います。

受講証明

PMI Registered Education Providerとして、14Hours/PDUsを発行致します。CCRサイクルの維持及びPMP®受験に利用できます。

受講当日

・開催時間は、原則、10時から18時まで、です。
・会場(早稲田会場はこちら)にて皆様をお待ちします。テキストや資料は、受講当日、講座毎に配布します。万一、遅刻や欠席の場合は、当日でもご連絡ください。
・受講日変更、キャンセル等の手続きは、規約をお読み下さい。
・受講者はお申し込みの方でなくても構いませんが、受講証明書は全内容を受講された方に発行いたします。

お申し込みから受講(修了)まで

規約をお読み下さい。

その他注意事項

・直前のお申し込みでない限り、多くの場合、席に余裕はございますが、気になる方は、事前に電話でお問い合わせください。
・受講料は、原則お申し込み受付後翌10日以内のお振り込みをお願いしておりますが、お申し込みは開催ぎりぎりまで受け付けますので、その場合はご相談ください。
・スケジュールにない日に受講をご希望の方は、是非ご相談ください。 調整可能な場合があります。
・企業内研修の場合は、手続きが異なりますので、メールでお気軽にお問い合せ下さい。
・弊社休暇期間中(夏期、年末年始)の対応は、こちらをご確認下さい。
・弊社からの返信メールが届かない場合は、弊社でお客様のメールをうまく受信できていない可能性もありますので、大変恐縮ですが、再度メールをお送りいただくか、もしくはお電話でご連絡下さい。また、迷惑メールフィルタ等に引っ掛かっていないかもご確認下さい。

お申し込み

電子メールでの受付になります。以下の内容をコピーし、必要事項をご記入の上、pmpseminar@meridionalis.comまでお送り下さい。

■お申し込みコース:実践アーンドバリューマネジメント

■お申し込み日程:
2011年12月23日(金)ー24日(土)@早稲田 日程変更

■氏名:

■氏名アルファベット表記:
★例)TAKAMASA NOMURA 受講証明書に記載致します。これからPMP®受験申請手続きをされる方は、アルファベット表記は、極力、試験日に持参する身分証明書の表記を確認して記入してください。特に、「Motoo」「Itoh」「Sato」「Oota」さんのような微妙なアルファベット表記な方。少し注意を払っていただけると後で楽だと思います。試験申請表記、クレジットカード表記、パスポート表記、受講証明書(学習時間証明書)表記を統一しておくとスムーズです。

■法人団体名:
★個人でお申し込み・お支払いの場合も、必ずご記入下さい。

■部署:

■郵便番号:

■住所:

■請求先宛名:(法人様で、経理手続上、紙の請求書が必要な場合のみ)

■電話番号:

■メールアドレス:

■備考:


・手続きに関する疑問点などメール本文中備考欄にお書き下さい。
・二名様以上でお申し込みの場合は、お二人目以降のご氏名・メールアドレス等をご記入下さい。
・受講者様とお申し込みの方が異なる場合は、それぞれのメールアドレスをご記入下さい。

・経理手続上、請求書、領収書が必要な方は、その旨お知らせ下さい(宛名もご記入下さい)。
・請求書・領収書の送付先が上記住所と異なる場合は、送付先をご記入ください。

 

 

 

 

 

規約に同意の上、お申し込み下さい。受付中の講座は、空席がありますが、開催直前の講座はWEB上に反映できていない可能性もあります。

 

PMI R.E.P.


有限会社システムマネジメントアンドコントロールは、プロジェクトマネジメント協会(Project Management Institute(PMI))による審査を受けた、プロジェクトマネジメントトレーニング機関として認められています。

Placeholder image私たちは、プロとして活躍するPMP®、組織人としても個人としても成功するPMP®、その先を目指すPMP®を、育成します。
PMI Registered Education Provider (R.E.P.)として、有限会社システムマネジメントアンドコントロールはPMIが定めた 品質保証基準を遵守することに 同意しています。弊社は、提供するトレーニングに対してPDUを発行することをPMIによって承認されています。トレーナはPMP®資格取得者です。
Copyright © 2003-2016 · All Rights Reserved · system management and control, limited.
"PMI" and the PMI logo are service and trademarks registered in the United States and other nations; "PMP" is certification marks registered in the United States and other nations; "PMBOK"is trademarks registered in the United States and other nations.